2015年 11月 29日 ( 1 )

d0327373_15444941.jpg
先週から始まった【フルーツカッティング教室】ですが
サンドイッチの詳しい作り方を教えてほしいとのことで
写真と共に載せてみようと思います♪



コツが何点かあるのですが


  1. パンの内側にバターかマーガリンを必ず塗る。
  2. 野菜の水分はしっかり拭き取る。
  3. 野菜に塩分がつかないようにする。
  4. 出来上がりをラップで包み、ラップごと包丁で切り分ける。




シンプルに書くと、以上4点です。

まず、材料を準備します。

d0327373_15463972.jpg
具材はサラダ菜や軽く焼いた厚切りハム、ポテトサラダ
薄焼き玉子、クレイジーソルトなどです。

薄焼き玉子は
水溶き片栗粉(水小さじ1・片栗粉小さじ1)
砂糖 小さじ1
玉子1個

をよくかき混ぜ、弱火のフライパンで焼いています。
片栗粉のお陰で、やぶれにくく柔らかい
薄焼き玉子が出来上がります。




  1. パンの内側にバターかマーガリンを必ず塗る。
d0327373_15461018.jpg
これは、具材の水分がパンに移らないようにする為です。
パンが水っぽくなってしまうのは、この下処理をしていないことが
原因とのことです。



2.野菜の水分はしっかり拭き取る。

d0327373_15462415.jpg
これも、パンが水っぽくなる原因です。
しっかりキッチンペーパーで拭き取ります。





3.野菜に塩分がつかないようにする。

d0327373_15454970.jpg
玉子とサラダ菜をのせましたが
私はいつもクレイジーソルトを少々振っています。
野菜に塩分を掛けてしまうと
野菜から水分が出てきてしまいます。

ポテトサラダやハムにかけた方が良さそうです。



d0327373_15453655.jpg
全てを挟み終わりました。
このまま包丁で切るのはなく



4.出来上がりをラップで包み、ラップの上から包丁で切る。



d0327373_15451148.jpg
少々キツめにラップで包み
10分寝かせて落ち着かせます。

その後、ラップの上から包丁で切ると
断面も綺麗!パンの表面も渇かない!
具材がはみ出る心配もない!

と、良いことずくめです♪


バラバラになる心配がないので
お弁当にぴったり。
私はラップごとお弁当箱に仕舞い込んでいます。




d0327373_15450193.jpg

いろんな具材で、サンドイッチを楽しんで下さいね。




広島ブログ ←ぽちっと応援お願い致します♪

*************************

広島市佐伯区の自宅キッチンにて
料理教室を主宰しております。

現在、40名前後の生徒さんと
毎月料理を楽しんでいます。


現在、新規の生徒さんは公募しておりませんが
只今外部料理教室を開く準備をしております。

準備が出来次第、ブログ内で
生徒さんを募る予定ですので
今しばらくお待ち下さい。

お問い合わせありがとうございます。






[PR]
by halu-0623 | 2015-11-29 16:20 | cooking | Comments(0)