人気ブログランキング |

パリのムスコめし 世界一小さな家族のための(辻仁成著)読了

パリのムスコめし 世界一小さな家族のための(辻仁成著)読了_d0327373_23293757.jpg
先日、辻仁成さんのお弁当本を返却後、こちらの料理本を予約し取り寄せました。

表紙の料理はカレーピラフですが、セルクルを使って綺麗にまとめられています。
お弁当本はレシピは掲載されておらず、エッセイの要素が強い本でしたが
こちらは料理の写真と丁寧なレシピ、パリでの暮らし、一人息子さんへの想いなどが綴られています。



パリのムスコめし 世界一小さな家族のための(辻仁成著)読了_d0327373_23295173.jpg

茄子の浅漬けサラダも、コリアンダーを使ったりして。
どの料理も和洋中、フレンチ等、様々な要素が混在した美しく面白い料理ばかりです。
(個人的にはこの林檎のお皿がなかなかいいと思う🍎)

男性ならではの繊細且つ大胆な料理で、料理に対する姿勢も好感が持てます。

『料理は会話に負けないコミュニケーションの道具』だそう。
『映画クレイマー、クレイマーよろしく、料理する』辻さんを見習うところがたくさん。

辻さんの小説は読中ですが、多才でなんでも器用にこなす方って羨ましいです。




野菜ソムリエ 峰しのぶ


d0327373_1784348.jpg
↑ポチッとクリックを

by halu-0623 | 2019-08-11 00:07 | 本棚 | Comments(2)
Commented by kabudriver at 2019-08-11 23:45
昔、辻仁成さんと江國香織さんの小説『冷静と情熱のあいだ』を読んで…新婚旅行先をイタリアにしたのはワタシだよ~♪( ̄▽ ̄)
辻さんが男性視点から、江國さんが女性視点から~
同じ物語を書いてるんだけど、その発想がお洒落だしね!もう、小説のタイトルからしてお洒落だしね!やっぱり料理もお洒落なんじゃね(笑)
Commented by halu-0623 at 2019-08-12 04:48
かたちゃんへ

えー!そうなん?!
じゃあ小説通り、永遠の愛を誓う場所フィレンツェに?やだー♡ご馳走さま。
かなり昔に読んだから、うろ覚え…もう一度読んで見るね☺︎
小説は今、醒めながら見る夢 を読んでるんよ。
この料理本も、レシピ自体は難しくなくてね。
簡単だけど一癖あるところが良くて、添えてあるエッセイも最後は bon appetit!て締めくくるあたりも、いちいちオシャレよ笑
<< 帰省 郵便局ふるさと会(愛知県産マス... >>